買取キットを申し込む

LINEでカンタン買取

品川翔英高校ブランドと女子制服紹介

品川翔英高校ブランドと女子制服紹介

品川翔英高校(正式名称:私立品川翔英女子中学・高等学校、旧:小野学園女子中学・高等学校)は、2020年に大きな改革をで学校名称が変わり、女子校から共学校へと変わりました。

特徴としては、独自の取り組みやプログラムを実施しており、 好奇心を刺激する深い学びと多彩なサポートのもとで、生徒の未来の可能性を広げています。

新体制となった進学校ですので一概には言えませんが、自由度や校則の縛りがあまりなく、青春を謳歌できる環境があります。

制服という視点での品川翔英高校ブランド

共学校となる以前の小野学園女子高校ののときの制服は、ピーチベージュのジャケットに落ち着いた色合いで幅が広い前後ひだスカートが印象的なかわいらしい制服でした。

全体的にかわいらしさがブランドの一つでもありました。

品川翔英高校となってからは、かわいらしさよりも清潔感のある仕様に変わった印象を与える制服デザインとなっています。

引用:品川翔英中学校・高等学校ホームページ

品川翔英高校の制服の特徴

女子制服は冬服でチェック柄のスカートタイプとパンツタイプを選択できる珍しいケースの制服です。

オーソドックスなスタイルと色合いであるものの、パンツタイプではネクタイで、これまでのかわいらしさとはイメージがまったく異なるのが特徴的になっています。

パンツタイプは、えんじ色のネクタイ、グレーのズボンという王道なデザインです。

夏服は鮮やかな上は水色をベースにした爽やかな印象をもつ制服ですが、これまでの小野学園女子高校と同様に、オプションにはかわいらしさを持ち合わせています。

男女ともシャツの上ににニットというデザインで、淡い色合いは清潔感を引き立てています。

制服における校則

指定の紺のソックスなどは画一的ですが、制服の選択制やオプションの利用などの自由度があり、校則に縛られている感はありません。

ただし、だらしなさを強調したり着崩したりという風潮ではありません。

品川翔英高校の制服の人気について

制服の人気については、小野学園女子高校の時には非常に人気も高く、デザインと配色は他校と比較しても、オリジナリティにおける人気がありました。

品川翔英高校になってからは1期生が入り、着心地の良さ、デザイン性ともに好評です。

また、見た目だけでなく、寒暖差に合わせた着こなしができるのも魅力のひとつです。

まとめ

品川翔英高校の制服を売る際は、制服買取専門店を利用しましょう。ヤフオクやメルカリを利用するよりも遙かに安心・安全です。

また、買取店選びの際は、ぜひ当店(スクユニ)のご利用もご検討ください。

スクユニは、「中学校、高校に新しく入った新入生に、質の良い、キレイな中古制服を安く提供したい」という想いで中学校・高校の中古新品制服の買取・手直しを行っています。