買取キットを申し込む

LINEでカンタン買取

名城大学附属高校ブランドと女子制服紹介

名城大学附属高校(正式名称:名城大学附属高等学校)は、全ての学科・コースで探究活動の時間を設けていて、日常的に授業の中で、自分自身で課題を調べて仲間と議論しています。

校風として、伝統と革新が融合した先進的な教育を行いこれからの社会を担う「知・徳・体」の調和した人材を育成しています。

創立以来の伝統に基づいた教育により、礼節を重んじて主体的な行動ができる生徒を輩出しているのがブランディングに繋がっています。

「知・徳・体」の調和する人格教育に重きを置き、社会の信頼に値する人材の育成を教育目標として掲げております。

スーパーサイエンスハイスクール事業およびスーパーグローバルハイスクール事業で培った探究活動の継続、全校生徒を対象とした海外研修など、多方面から生徒の成長を支援し、ブランド力の向上を目指しています。

制服は、ZUCCAのAKIRA ONOZUKAさんのデザインで、知的で落ち着いた茶系カラーを採用しており、他校にはない個性的なデザインになっています。

制服という視点で名城大学附属高校ブランド

女子の冬服は男子と同じ明るい茶色のノーカラージャケットで、ジャケットの中に着用するシャツのセーラー襟を外に出すスタイルです。

ジャケットの胸元には校章が赤い糸で刺繍されており、前開きであるため着替えもしやすい仕様となっています。

プリーツスカートは茶色と淡い赤色のチェックで、優しい色使いで構成されています。

女子の夏服は、セーラー襟とリボンがついた白のジャケットで、水色のチェックのプリーツスカートを着用します。

また、白のセーターが用意されているため、気候や気分に合わせて温度調整ができます。

制服の口コミとしては、制服の規則は厳しいですが、だらしない着方をする生徒がいないので良いと思う、個性的な制服で似た制服の学校はありません、といった意見があがっています。

引用:本校を知る|名城大学附属高等学校

制服における校則

厳しい先生は厳しく、厳しい時と緩い時があるという意見が多く、理由としては、メイクやスカート丈などに対しては、しっかりとした指導をしているが、多方面においては突飛な厳しさよりも当然のことを当然する事が出来ていれば、厳しく感じる事はありません。

まとめ

名城大学附属高校の制服を売る際は、制服買取専門店を利用しましょう。ヤフオクやメルカリを利用するよりも遙かに安心・安全です。

また、買取店選びの際は、ぜひ当店(スクユニ)のご利用もご検討ください。

スクユニは、「中学校、高校に新しく入った新入生に、質の良い、キレイな中古制服を安く提供したい」という想いで中学校・高校の中古新品制服の買取・手直しを行っています。